If you see an error please clear your browser cache. See more here.

Finished: 06 AM Fri 13 Sep 13 UTC
Private 古代地中海01
4 days /phase (very slow)
Pot: 50 D - Autumn, 11, Finished
The Ancient Mediterranean, Anonymous players, Draw-Size Scoring
Game drawn
14 Sep 13 UTC 対ペルシャに踏み切ったのはやはり対エジプト直接支援を申し込まれたのも大きいかと思います。
「 カルタゴ=ギリシャ=ペルシャでローマ
領とエジプト領を3つに分割すると考え
た方が、見通しが良いのではないかと思
います。いかがでしょうか?」これは対ペルシャに踏み切った年つまり02春にペルシャ様からの書簡ですが、ペルシャ様も仰ってるようにエジプト領かギリシャ領土がペルシャ様の進行方向ですから、ギリシャとしては受け入れられなかったですね。変わりにエジプト領取る支援するからChe,Sip 割譲なら考えましたが、ペルシャ様が本国補給地にすぐの領土をそう簡単に譲りたくもないでしょうし、多数派に入りたい(裏切って先制したい)ギリシャとしてはそんな提案もできずでした。もしこんな提案をされたら乗りましたか?

あと、この後ペルシャ様を潰し損ねたのはエジプト様を裏切って少し信頼が落ちてたのもありますが、ローマ様の動き(特にDal -Vin ) がきな臭くなったのもあります。空白化できたのなら割りと楽だったんですが、やはりペルシャ様にかなり妨害を受けてますね(泣)ローマ様視点がないので分かりませんが、ペルシャ様からの書簡でローマ様はかなり疑惑をギリシャに向けたと思います。
14 Sep 13 UTC 防衛線として西部戦線Sar-Vin-Dal 東部戦線?Che で海域はどうせ混戦になるから流動的に行こう考えてました。拠点としてCre は魅力的だとも思ってました。ただ、途中でエジプト様にCre 取ったら最大の敵だとすると戦略的に重視してるアピールはしましたが、陸の防衛拠点に比べて重視はしてませんでした。ただ、そう見せかけることでどうせCre, Cyp レベルの争いしか無いんだったら、そこまでしてCre(しかも南からはやや守りにくい)を取りに来ないと期待して回したりもしました。

信頼を切り売りして拡大を目指してましたが、デフォルト寸前(もうしてた?(笑))で終わったかな~という印象を最後の方の書簡を見てて思いました。信用を切り売りしていくのはわりかし使えると思ってるんですが、カルタゴ様、エジプト様特にエジプト様から失った信頼分の利益は得られなかった(というより信用がないせいで生じた不利益が大きすぎる)という印象です。
14 Sep 13 UTC 戦術的にはそんなに悪くない動きができた場面も何個かあったと思いますが、戦略的にはボロボロでした。こういう慣れないマップで戦略を練るのは難しいです。慣れてる(というほど経験はないですが)マップでも難しいですけど。

他の人の戦略に乗るのも良いのですが、五人だと利害が大枠で一致する人が少ないんですよね。
14 Sep 13 UTC 戦術的にはそんなに悪くない動きができた場面も何個かあったと思いますが、戦略的にはボロボロでした。こういう慣れないマップで戦略を練るのは難しいです。慣れてる(というほど経験はないですが)マップでも難しいですけど。

他の人の戦略に乗るのも良いのですが、五人だと利害が大枠で一致する人が少ないんですよね。
14 Sep 13 UTC そういえば、カルタゴ様

ここ数年でしたが、カルタゴ様が対ローマに踏み切れば上手くやれば(或いは時間をかければほぼ確実に)Rav 以外のローマ領が狙えたのではありませんか?ギリシャとしてはカルタゴ様が対ローマに踏み切るだろう(そうなれば西地中海の突破は難しいけど、対ペルシャはかなり進むと思って期待してたんですが、対ローマ転換はあり得なかったですか?正直ペルシャ様が残るより各国の信用が低いギリシャを残してエジプト様交えた三国志の方が楽じゃないですか?また、エジプト=ギリシャによる対ペルシャより対ローマの方がローマ様が全力東進していたことなどからも早く終わることが想定されたと思いますし、成功すれば例えエジプト=ギリシャ連合が相手でも結局西地中海は地勢的なところで攻めきれないと思ってたんですが。なお対ギリシャ包囲を恐らく今季も?続けたのでしょうか
15 Sep 13 UTC 流し読みではありますが、ギリシャ様視点とペルシャ様視点のログを一通り読了しました。
15 Sep 13 UTC 中の人は、ペルシャ様がredpanda様だろうとは感じていましたが、他の3国は全く判りませんでした。
redpanda様はA卓で、pochi様は無書簡卓で1度ずつ同卓していますね。
song様とPrototype様は初顔合わせと思います。
今後とも宜しくお願いします。
15 Sep 13 UTC ペルシャ様はエジプトをrio様と勘違いされていたのですね。
初めてのネット対戦でrio様とは同卓させて頂いたので、色々と自分では気付かない影響を受けているのかもしれません。
その思い違いが原因で、ペルシャ様に過剰に警戒されていた印象も有りますが如何でしょうか?
15 Sep 13 UTC この先続いていた場合のエジプトの指針は、ペルシャ様との2国長期同盟:ギリシャ包囲継続:ギリシャ様との2国長期同盟で、6:3:1位だったと思います。
直前の11年春までは、ギリシャ様との長期同盟を最重要視していました。
ギリシャ様のEgy3軍攻撃によって、ギリシャ様エジプト間の離間を図るペルシャ様の目的は達成されていましたし、ギリシャ様の信用がエジプトの中でついにデフォルトに至った瞬間でも有りました。
その後は信用がIMF入りとなったギリシャ様が、エジプトに通貨スワップ(再同盟)を申し込むかどうかといった辺りでしょうかw
Egy3軍防御にSyr残留の狙いが隠されているのはその通りです。
エジプト包囲を防ぐには、ギリシャ様ペルシャ様双方との約定を履行する必要が有ったので、どちらにも攻撃しない事を優先した防御的行軍でした。
結果的にEgy防衛できたのは偶然ですが、対カルタゴを促しておきながらその妨害となる行軍を行った事で、11年春のギリシャ様の交渉はエジプトを騙す為のものだったとの印象は強かったです。
ギリシャ様との長期2国同盟は11年秋時点でほぼ断念しました。
15 Sep 13 UTC これから内政ですので、晩にまた来ます。
16 Sep 13 UTC うーん、エジプト様には謝るしかありませんね。正直11年春まで長期同盟を考慮してくださってたのはありがたいのですが、私としては何だかんだで包囲網側にいながらカルタゴ様に攻撃をしないんだろーなって考えてました。。。

エジプト様を裏切ったのは
・エジプト様との積極的な攻守同盟(敵のふりをして情報のリークではない)が難しい点
・ローマ様とカルタゴ様とペルシャ様から攻められていて、包囲を崩さなければならなかった点
・東西の挟撃を解消するときにペルシャ様としか交渉が上手くいってなかった点
・エジプト様を裏切ってもエジプト様はギリシャ滅亡までは攻めない(地勢的なところでペルシャ様が強い状態で対ギリシャ完遂は避ける)という点
などがありました。

後、立場が逆なら「どう落とし前つけてくれんの?」って三軍攻撃を受けて送ったと思いますが、今までのエジプト様の感じからそれはないかな~と楽観視してたのもあります。だからもしこのままペルシャ様が対ギリシャを続けても(その時はギリシャは全力東進ですが)何とかなるだろうと。ペルシャ様はこの後どっちに攻めたんでしょうか?

結果をみる限りローマ様が守りに撤退なら対ペルシャを続ける盤面だったなと思ってますが、やはり春の段階では読めませんし、急場を凌がねばならないと考えてました
16 Sep 13 UTC こんばんは。
おおっと、読むのがタイヘンですね、これは。。。
16 Sep 13 UTC 昨夜は急用で来られずすみません。
16 Sep 13 UTC カルタゴ様のバランス外交は充分成功していたと考えています。
失敗なら、ペルシャ様はとっくに滅亡していたと思います。
カルタゴ様の協定履行率は充分に高かったので、中盤までは組む事に特に問題を感じていませんでした。
特に第2次ギリシャ包囲の時に、Lep返還とエジプト侵攻からの撤退を実施して頂いた事には、感謝の念が大きく、その後の対カルタゴ転換を躊躇わせる原因となりました。
しかしながらそのバランス外交の為に、もしカルタゴ様とツートップとなった時には、カルタゴ様がエジプト包囲を組織する事が懸念された為、カルタゴ様との長期2国同盟は成立し難いと考えていました。
6年秋~7年春に、東西分割提案を拒否された辺りで、それは確信に変わりました。
16 Sep 13 UTC ログを読んだ感想ですが、ギリシャ様ペルシャ様エジプトの3国では、ギリシャ様ペルシャ様間の外交量が飛び抜けて大きいですね。
ペルシャ様に質問ですが、最序盤にペルシャ様が同盟相手としてエジプトよりもギリシャ様を選ばれたのは、その辺りに原因が有ったのでしょうか?
17 Sep 13 UTC >ペルシャ様に質問ですが、最序盤にペルシャ様が同盟相手としてエジプトよりもギリシャ様を選ばれたのは、その辺りに原因が有ったのでしょうか?

最序盤の同盟の選択は、相当悩みました。
イメージとしてはbit-gal-isaの非補給地ベルトを不可侵ベルトにできるかもしれないギリシャ様と、SOなどを利用して安全に非武装地域を構築しようというエジプト様とで5分5分と見ていました。
何が決定打であったのかは難しいのですが、ここにカルタゴ様の意向が大きくかかわっていたことは確かです。
結果的には瑕疵のないエジプト様に奇襲を掛けることになってしまい、非常に苦しいスタートになってしまいました。エジプト様の信用を回復するには並大抵のことでは済まないという気持ちから、その時点で長期戦を覚悟しました。
17 Sep 13 UTC ギリシャ=ペルシャでやりとりが多かったのは、開庁のタイミングも影響していると思います。
また、ペルシャ視点ではギリシャ様の対エジプト志向があまりに低かったので、対ペルシャを頓挫させるために必死だったということもあります。

一方でエジプト様はプレイスタイルが安定していたように見えたので、あまり余計なことを言わない方が良いという印象をもっていました。
17 Sep 13 UTC >この先続いていた場合のエジプトの指針は、ペルシャ様との2国長期同盟:ギリシャ包囲継続:ギリシャ様との2国長期同盟で、6:3:1位だったと思います。

継続していれば(笑)
エジプト=ペルシャは、jerやtyrあたりの折り合いがつけば長期同盟も不可能ではないと思います。
そのうえエジプト様の協定履行率は極めて高かったので、そのかぎりでは有望な同盟相手でした。
ただ、ローマ様が初期国力程度のところでカルタゴ様まで衰退するのは(ペルシャにとって)必ずしも好ましいことではないので、そのあたりのバランスをどうとれるかということになったかもしれません。
17 Sep 13 UTC ちなみにegy3軍攻撃はペルシャがギリシャに強要したものですが、思い返すとこれ以上ないくらい露骨な作戦でした。
ギリシャからエジプトに通報して偽装戦争にする可能性も考えられたので、さきにペルシャからエジプト様に耳打ちしましたが、別な方向で誘導して3軍攻撃を成立させることができたのだとしたら、そうした方が良かったですね。
17 Sep 13 UTC >ペルシャ様はエジプトをrio様と勘違いされていたのですね。
初めてのネット対戦でrio様とは同卓させて頂いたので、色々と自分では気付かない影響を受けているのかもしれません。
その思い違いが原因で、ペルシャ様に過剰に警戒されていた印象も有りますが如何でしょうか?

いやもう、勘違いしてしまいまして申し訳ありません。
ただ、仮にそうでないと判断していたとしても、ゲームの推移にはさほどの違いはなかったと思います。
基本的にエジプト様は「後の先」を狙うタイプと見ましたし、ディプロマシーではそれが有効に機能する局面は多くあります。
また、エジプト様は協定遵守を積み重ねつつ次第次第に有利な状況を導くような細かい外交が上手なので、おりおりに困り果てていました。

勘違いの原因は交渉の内容もありますが、文体によるものが大きいと思います。
Greece
Prototype (100 D)
Drawn. Bet: 10 D, won: 10 D
10 supply-centers, 10 units
Carthage
song (100 D)
Drawn. Bet: 10 D, won: 10 D
8 supply-centers, 8 units
Egypt
civin (100 D)
Drawn. Bet: 10 D, won: 10 D
8 supply-centers, 8 units
Persia
redpanda (100 D)
Drawn. Bet: 10 D, won: 10 D
4 supply-centers, 4 units
Rome
pochi (115 D)
Drawn. Bet: 10 D, won: 10 D
4 supply-centers, 4 units
Archive: Orders - Maps - Messages